滝沢博嶺・玉鳳のホームページ

地域情報・水墨画・草花を、ご紹介していきます。

羨ましい吉井町馬庭(まにわ)の景観

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


吉  井  町  馬  庭  (まにわ)  は
なんと、素晴らしい景観に恵まれた町だろうと
思いました。うらやましくも感じました。
子供たちの心身発達、発育には
とっても良い環境だと直感的
に脳裏に貼りつきました。

DSCN2448 (1280x960)
珍しい紋様を見せる鏑川の流れです。



DSCN2446 (1280x960)
鏑川に架かる”入野橋”です。この橋を渡ると254号線にぶつかり
左は藤岡方面へ、右は富岡方面へと繫がっていいきます。
この橋の北近くに”吉井高校”があります。

DSCN2414 (1280x960)
馬庭小学校は自衛隊駐屯地と吉井高校のほぼ
中間位置にあります。

DSCN2413 (1280x960)

DSCN2411 (1280x960)
この道は馬庭の住宅地へつながっていく道で、200号線はこの北に
あります。先に見える信号を北にいくと200号線へとつながって
いきます。200号線は鏑川沿いにあり吉井町の西部方面
と藤岡市の山名方面をつなげていきます。要するに
鏑川の北は200号線、南に254線があり、共に
吉井町と藤岡市の東西をつなげています。

DSCN2417 (1280x960)
馬庭小学校の野外授業が行われていました。
天気も上々で生徒は陽の光をいっぱい
浴びていました。

DSCN2418 (1280x960)

DSCN2419 (1280x960)
馬庭には”陸上自衛隊吉井分屯地”があります。200号線から
写しています。敷地に宅配業者等が入っているので、
小生も門に近ずくと若い隊員が寄って来ました。
小生は180度方向変換をして離れました。

DSCN2443 (1280x960)
”自衛隊分屯地”の南を左右に走る、200号線があります。
吉井高等学校はそれを真っ直ぐ突きって南に
行きますと吉井高校校舎があります。
その先には鏑川に架かる
入野橋があります。

DSCN2435 (1280x960)

昔々の校内マラソンを思い出します。見ている人より、
本人はたいへんだということが分かります。

DSCN2444 (1280x960)
最後まで頑張れと、他人は人ごとだから言えます。

DSCN2416 (1280x960)

DSCN2420 (1280x960)

DSCN2421 (1280x960)
200号線です。左は”自衛隊分屯地”です。

DSCN2422 (1280x960)

DSCN2423 (1280x960)
馬庭に隣接する吉井町小暮の住宅地かもしれません。

DSCN2412 (1280x960)

DSCN2424 (1280x960)

DSCN2428 (1280x960)
この標識は小暮地域です。なかなか境界線が
わかりません。手前が小暮地域で、この
先が馬庭だと思います。前方の
高い建物が確か馬庭小学校
だと思います。

DSCN2429 (1280x960)

DSCN2430 (1280x960)

DSCN2431 (1280x960)

DSCN2432 (1280x960)

DSCN2433 (1280x960)
上信電鉄に電車が走ってきました。

DSCN2438 (1280x960)

DSCN2440 (1280x960)

DSCN2441 (1280x960)
吉井高校の近くにあるお堂です。

DSCN2442 (1280x960)
鏑川を南に背負っている、吉井高校です。

DSCN2449 (1280x960)

DSCN2450 (1280x960)

DSCN2451 (1280x960)
飯玉神社は馬庭駅の近くにあります。この道を
北に上っていきますと”馬庭念流道場
方面へ行きます。

DSCN2452 (1280x960)

DSCN2453 (1280x960)
毎年正月?に”馬庭念流道場”の試合模様が新聞紙上
に掲載されています。

DSCN2454 (1280x960)

DSCN2455 (1280x960)
この敷地で、念流道場の鍛錬試合が行われるのか?

DSCN2456 (1280x960)

DSCN2458 (1280x960)

DSCN2459 (1280x960)
停車していると上りと下りの電車に遭遇しました。。

DSCN2463 (1280x960)
上信電鉄です。車の中から写しました。


お手数ですがクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村

群馬水墨画協会展(前橋文化会館)

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


第 17 回 群 馬 水 墨 画 協 会 展
が前橋市民文化会館(昌賢学園前橋ホール)で
開かれました。小生も第4回展位から出品
しています。先輩諸氏の中には、
何人かが、鬼籍に入りました。
,ありし日の元気な頃の
先輩の面影が脳裏
を掠めます。

DSCN1064.jpg
元群馬水墨画協会会長:春山南楠画

 八つの加盟団体が出品しています。あかぎ墨彩会(前橋・伊勢崎)
・秀峰会(高崎)・創翔会(太田・大泉)・琤墨会(高崎・前橋)
・南珠墨彩会(高崎・前橋)・南李墨彩会(中之条・高崎)
・曜生有志会(前橋・高崎・吉岡)


DSCN2318 (1280x960)

DSCN2319 (1280x960)

DSCN2320 (1280x960)

DSCN2321 (1280x960)

以下ごゆっくりご覧ください。

DSCN2323 (1280x960)

DSCN2324 (1280x960)
玉鳳作

DSCN2327 (1280x960)
博嶺作

DSCN2336 (1280x960)

DSCN2342 (960x1280)

DSCN2343 (1280x960)

DSCN2344 (960x1280)

DSCN2350 (1280x960)

DSCN2351 (1280x960)

DSCN2359 (1280x960)

DSCN2367 (1280x960)

DSCN2325 (960x1280)

DSCN2326 (1280x960) - コピー

DSCN2326 (1280x960)

DSCN2328 (1280x960)

DSCN2329 (1280x960)

DSCN2330 (1280x960)

DSCN2331 (1280x960)

DSCN2332 (1280x960)

DSCN2333 (1280x960)



DSCN2334 (1280x960)

DSCN1386 (960x1280)

DSCN2335 (1280x960)

DSCN2337 (1280x960)

DSCN2341 (1280x960)

DSCN2346 (1280x960)

DSCN2347 (1280x960)

DSCN2348 (1280x960)

DSCN2352 (960x1280)

DSCN2353 (960x1280)

DSCN2358 (1280x960)

以下は前橋市民文化会館内の隣室で開催されていた洋画を
ご紹介します。写真のようです。
DSCN2360 (1280x960)

DSCN2362 (1280x960)

DSCN2363 (1280x960)

DSCN2365 (1280x960)

DSCN2366 (960x1280)


お手数ですがクリックお願いします。

にほんブログ村

新島学園短大が所在する昭和町

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


昭 和 町は
北側に信越本線の北高崎駅を近くに持ち、近辺には
請地町、大橋町、飯塚町、末広町に囲まれて
おり、その中心位置にあります。
又新島学園短大がある町
で有名です。

DSCN2275 (1280x960)

DSCN2293 (1280x960)
古くは室町時代から利用されていたという長野堰用水です。
高崎市は水に恵まれていなかったようです。

entou2[1] (300x225)
「江木町にある円筒分水堰」
現在では一級河川烏川から取水し、幹線水路は15箇所に
水門で分水して、8.6㎞下流で円筒分水堰で4支線
(江木町)に分岐して水田を潤しています。

DSCN6468 (768x1024)
この分水堰のお蔭で長年続いた農業の水争いから解放
されました。近くにその記念碑があります。
極楽の堰と記されています。
(江木町取材時の
写真です)


長野堰用水が請地町と昭和町との賑やかなこの境界線に、
流れていることを、この取材で知ることが出来ました。
その一寸向こうの南側は高駒線を
走る車で賑やかです。

DSCN2294 (1280x960)
この休憩場の左側は請地町で20m先は高駒線で
車が激しく往来しています。小生もこの道を
よく利用しますがビックリです。

DSCN2299 (1280x960)

DSCN2301 (1280x960)

DSCN2273 (1280x960)

DSCN2274 (1280x960)
長年高崎に住んでいて、初めて新島学園短大を
訪れました。

DSCN2276 (1280x960)

DSCN2286 (1280x960)
ドウ・スポーツプラザ

DSCN2291 (1280x960)

DSCN2297 (1280x960)

DSCN2311 (1280x960)

DSCN2315 (1280x960)
地図の上では、この一貫堀川が大きく案内されています。
でも、長野堰用水の方がきれいで流れも勢いが
ありました。歴史のある長野堰が、地図では
記されていませんでした。

DSCN2316 (1280x960)

DSCN2317 (1280x960)
よく利用している中央通りの、末広陸橋です。このまま南に
行くと高駒線と交差し、高崎市総合分センター
方面へ行きます。

DSCN2271 (1280x960)

DSCN2281 (1280x960)

DSCN2282 (1280x960)

DSCN2284 (1280x960)

DSCN2287 (1280x960)

DSCN2295 (1280x960)

DSCN2300 (1280x960)
長野堰用水は豊富な水が流れていました。

DSCN2302 (1280x960)

DSCN2310 (1280x960)

DSCN2313 (1280x960)
新島学園短大は西と東の二つの踏切に挟まれて
います。

DSCN2277 (1280x960)

DSCN2280 (1280x960)

DSCN2289 (1280x960)

DSCN2290 (1280x960)

DSCN2292 (1280x960)
長野堰用水は、稲作の水争いを解消したと言われております。

DSCN2303 (1280x960)

DSCN2305 (1280x960)
どこの町を訪ねても、このような閑静な住宅地があります。

DSCN2307 (1280x960)

DSCN2306 (1280x960)
枯葉がもの悲しさを、感じさせます。

DSCN2308 (1280x960)

DSCN2309 (1280x960)

DSCN2312 (1280x960)
新島学園短大近くに,踏切があります。
通学には便利ですよネ。

お手数ですがクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村

山のひなびた温泉宿

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


寒い雪の季節になってきました。水墨画と言えば
白を生かした雪景色が多く描かれています。
そこで山の温泉宿の雪景色を練習して
みたいと思います。題して
「山の湯宿(ゆじゅく)」
を作家の作品を参考に
して描いてみたいと
思います。

作家の作品
DSCN1023 (1280x960)

DSCN1054 (1280x960)


小生の完成品
DSCN1059 (1280x960)
又又、落款を失敗してしまいました。雅号をたまたま手元にあった
絵の筆で書いてしまいました。そして悪い体勢のままで書いて
しましまったのです。結果、曲がってしまいました。
反省、反省。絵の方も右下の細長い
家屋の軒下を染め過ぎました。
塗りすぎは白くなりません。
反省、反省。

DSCN1053 (1280x960)
右下の細長い家屋の屋根がハッキリしないので
薄墨で外隈で染めました。結果は、上の
写真の通りです。

これよりは”つたない”制作過程です。
DSCN1028 (1280x960)
題材とほぼ 同じくらいの(教本は39.4X46.8cmですが、同サイズの
取れる和紙が手元になかったので) 縦32X横38.5cmの和紙を
用意しました。

DSCN0983 (1280x960)
この四枚の写真は拡大したものです。本の題材(縦15cm、横18cm)
をコピーしました。 次に、これを四等分しました。これを
213..8%で拡大コピーしました。要領は、32÷15cm=
213.3%、38.5÷18cm=213.8% , 213.8%ですと
コピーが少しはみ出てしまうので213.3%
で四枚を拡大しました。

DSCN0988 (1280x960)
拡大コピーはピッタリ繋がらないものです。
少し鉛筆で書き足したりします。

DSCN0985 (1280x960)
のり又はセロテープでつなぎ合わせた後、裏返しにして
柳の木炭で塗ります。このやり方は和紙が汚れる
ので嫌がる人もいます。時間がある人は
5B前後の鉛筆で塗ります。和紙が汚
れません。但し時間がかかります。

DSCN1011 (1280x960)

DSCN1013 (1280x960)
日常使っている筆です。まだいっぱいあります。
墨は最近はよく墨汁を使っています。
”墨の精”(墨運堂製)

DSCN1014 (1280x960)
100円ショップで買った水入れです。

DSCN1015 (1280x960)
この写真は筆の墨濃度と水分を取るものです。台所で使う
キッチンペーパーを使っています。最近までタオルを
使っていました。でもタオルではいずれ真っ黒に
なってしまいます。この点キッチンペーパーは
安価で汚れたら捨てられます。水分もよく
取るし、濃度も推し量れます。推薦!!

DSCN1020 (1280x960)


DSCN1030 (1280x960)
木炭で塗った原稿を2Bで写し取った結果です。
大作(30,50,100号)の場合はこれをよく
見なおして鉛筆で補足したりします。

DSCN1031 (1280x960)
白抜き剤を用意します。雪のちらつく風情を
出すためです。

DSCN1033 (1280x960)
この網に白抜き剤を溶かしたものを、使っていない筆で
塗ります。いろいろ試してみましたが、小生はこの網を
使う方法が一番、結果が無難です。塗った網を
息で吹き飛ばします。

DSCN1034 (1280x960)
白抜き剤を吹き飛ばした後です。和紙によっては乾くと
何処に白抜き剤が点在しているかが分からなく
なってしまいます。よって薄墨を混入します。
小生はほとんどこの方法を取っています。

DSCN1037 (1280x960)
教本のいう通り左側の宿から描き始めました。

DSCN1039 (1280x960)
白抜き剤は乾いてもう見えません。

DSCN1041 (1280x960)
右下の宿を描きました。屋根下を塗りすぎました。

DSCN1042 (1280x960)
気を取り戻して左の山を描いていきました。

DSCN1045 (1280x960)
次に裏山の樹木を描きました。要領は筆をバラして薄墨で
樹林範囲を左回、右回りさせながら、少し白を残しながら
染めていきます。次に中墨を重ねていきます。

DSCN1046 (1280x960)
裏山の針葉樹を描きました。もう少し大きく描けば
良かったと思いました。

DSCN1048 (1280x960)
道周りを薄墨で少し染めました。

DSCN1051 (1280x960)
ほぼ完成に近づきました。

DSCN1059 (1280x960)
周りの下草や枯れ木を描いて完成です。

お手数ですがクリックお願いします。

にほんブログ村

国道17号線沿いの下之城町

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


高崎環状線が国道17号線にぶつかり東の
終点となっています。
その終わりを
受けて立つているのが

下之城町です。
環状線を利用するにも、高崎市街地に行くにも
よく通過するお馴染みの交差点です。

DSCN2177 (1280x960)
交通量の多いい下之城交差点(国道17号線)

DSCN2187 (1280x960)

DSCN2213 (1280x960)

DSCN2234 (1280x960)

DSCN2235 (1280x960)
下之城町第一公民館

DSCN2183 (1280x960)

DSCN2184 (1280x960)

DSCN2178 (1280x960)
下之城プリエッセ

DSCN2205 (1280x960)
下之城町も国道17号線沿いを南に離れますと、未開発の土地が
広くありました。

DSCN2194 (1280x960)
高崎線下りです。車両を見ておりますと、都内の地下鉄車両を
思い出させます。

DSCN2200 (1280x960)
昔懐かしい物置小屋を見たような気がしました。

DSCN2201 (1280x960)
国道17号線の賑わいと裏腹に南は半世紀前の農家の
たたずまいが垣間見られます。

DSCN2227 (1280x960)
小鳥たちが柿をおいしそう?に食べています。

DSCN2232 (1280x960)

DSCN2233 (1280x960)

DSCN2242 (1280x960)

DSCN2204 (1280x960)

DSCN2206 (1280x960)
上司らしき人が二人の若き女子社員を連れて視察?にきました。

DSCN2209 (1280x960)

DSCN2215 (1280x960)

DSCN2216 (1280x960)

DSCN2217 (1280x960)

DSCN2218 (1280x960)

DSCN2244 (1280x960)

DSCN2224 (1280x960)
下之城町にはこの徳昌寺と如意寺の二つがほぼ距離を置かずに
並んであります。檀家が多かったのでしょうネ。

DSCN2179 (1280x960)

DSCN2181 (1280x960)

DSCN2190 (1280x960)

DSCN2197 (1280x960)

DSCN2202 (1280x960)
建物の手前には国道17号線が走っています。

DSCN2221 (1280x960)

DSCN2222 (1280x960)
リャーカーも最近は目にすることが珍しくなりました。 便利ですよネ。


DSCN2225 (1280x960)

DSCN2246 (1280x960)

DSCN2248 (1280x960)

DSCN2249 (1280x960)

お手数ですがクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村