滝沢博嶺・玉鳳のホームページ

地域情報・水墨画・草花を、ご紹介していきます。

晩秋の黒部峡谷を描く

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


も深まりつつある中で、トロッコで行く
晩 秋 の 黒 部 峡 谷
を描いてみようと思い
ました。


DSCN1926 (1280x960)

お手本の完成品です。
DSCN1928 (960x1280)

小生の完成品
DSCN1487.jpg
お手本は岩に山馬筆を使っているとありますが、
使い方が分かりませんでした。山馬筆は
剛毛で穂先の長い筆を言います。
馬の毛でしょうね。


DSCN1902 (960x1280)

DSCN1912 (960x1280) - コピー (2) - コピー

DSCN1931 (960x1280) (757x986)
先ず下書きをしました。目けんとうでは描けそうもないと
思いました。雲肌麻紙の切れぱっしを、P8号(
45.5x33.3cm)サイズにしました。描き終わ
ってみるとM8号(45.5x27.3cm)がお手
本に近いサイズだと思いました。


DSCN1912 (960x1280)

DSCN1913 (960x1280) (988x446)

DSCN1912 (960x1280) - コピー (3) - コピー - コピー

DSCN1936 (960x1280) (582x739)
淡墨で水分をよくとって、いわゆる皴(しゅん=しわ)を
入れる.気持ちで描きました。要領は破墨(穂先を
バラバラにする)にして描くことです。
振り返ってみるとここで山馬筆を
使う所だったと思いました。

DSCN1938 (1280x960)
トロッコ電車と橋を描きました。

DSCN1940 (1280x960)
向かって左下の岩をほぼ正確に描いた
つもりです。

DSCN1944 (960x1280)
左上の樹木を描きました。筆を三墨(一筆に濃・中・淡)にして
岩との境目をはっきりさせました。後は淡墨で描き
又濃墨を入れたりしてまとめました。

DSCN1948 (960x1280)
次に右手の太い樹木を描きました。唯一失敗した
ところです。下地が乾いていなかったか、
または、濃墨に水分が多かったか
のどちらかです。

DSCN1949 (960x1280)
失敗にもくじけず次に、左手の落ち葉を画きました。
落ち葉というより川石に見えてしまいます。

DSCN1951 (960x1280)
左手の淡い樹林らしきと川を入れました。川は”さざ波”程度は
自分は写真のような筆をよく使います。この練習作品は
試し描きを怠ってうまくいっていません。使い慣れると、
大きな作品でもあたりを取るのにたいへん
便利です。

DSCN1957 (960x1280)
左右を濃墨で濃淡をハッキリさせました。

DSCN1959 (960x1280)
ほぼ完成品に近ずきました。次に下図のように、
左手の樹を描きました。

DSCN1487.jpg
最後まで気を緩めてはいけないのだと、つくづく思いました。
落款印を逆さまに押してしまいました。いつもは他の紙
に試し印を押して確かめています。

教科のお手本完成品
DSCN1928 (960x1280)
墨色がきれいです。

お手数ですがクリックお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村

利根川沿いの中島町

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


高崎市で利根川沿いにある町は高崎東部の、萩原町、
西横手町、宿横手町及び
今回ご紹介する
中島町

のみだと思います。数々の川を写して
きましたが上毛かるたでお馴染み
の”利根は坂東一の川”を写す
機会はありませんでした。


DSCN1827 (1280x960)
中島町は利根川沿いにあります。河川敷は素晴らしい運動場に
なっていました。
この位置は隣接して玉村町板井地区
があります。この自転車道は中島町の東入り口に
なります。勿論この土手以外にも、この左手
に中島町の広い住宅地があり、
道路網もあります。

DSCN1826 (1280x960)
利根川は川沿いの樹林でほとんど見えません。普段着では
到底覗き込めません。

DSCN1828 (1280x960)
ジャングルのような樹林の先には利根川が開けて地元では
昔”軍艦島”と呼ばれ親しまれた小さい島があります。
現在は風化して、軍艦島と呼ぶには、ふさわしく
ない島になっていました。この位置は
中島町の東の入り口の土手に
入る手前になります。

DSCN1829 (1280x960)
この樹林を右に行きますと広場が造成されていて
ゲートボール場等があります。

DSCN1823 (1280x960)
中島町の東にある土手際の公園です。

DSCN1824 (1280x960)
この公園の北に土手がありその河川敷には運動場が
造成され、その樹林の向こうには利根川が
流れていますが見えません。この辺は
小生の二、三年前迄10km散歩
コースでした。懐かしいです。

DSCN1794 (1280x960)
安全に利根川を見られるのはこの横手大手橋しかありませんでした。
この道は前橋長瀞線(13号)で中島町の東になります。

”利根は坂東一の川” 坂東とは現在の関東地方のことで、
その一番の川ということになります。

DSCN1797 (1280x960)
この橋は前橋市と高崎市の境界線にあります。橋の南側高崎市は
東に宿横手町、西に西横手町があります。前橋側は西が
横手町、東が下川町があります。横手町の名称は
前橋市と高崎市で共有しています。
中島町は
宿横手町の東に隣接しています。

DSCN1791 (1280x960)
中島町はこの自転車道から東に向かいます。
ここが西の入り口になります。但し、この
位置は宿横手町地域です。

DSCN1788 (1280x960)
この神社もよく目にしますが、宿横手町に位置して
います。中島町を利根川沿い西から行く場合
はここから入るしかないのです。

DSCN1802 (1280x960)

そろそろ、この水も引けて稲刈りの準備に入ると思います。

DSCN1792 (1280x960)
この柿が食べごろになると、秋も深まって今年も
終盤に入ってきますネ。

DSCN1798 (1280x960)

DSCN1799 (1280x960)
この位置は前橋長瀞線を背にして写しています。
中島町の西側になります。長瀞線の下を
くぐると西横手町になります。
DSCN1800 (1280x960)

DSCN1803 (1280x960)

DSCN1805 (1280x960)

DSCN1806 (1280x960)

DSCN1807 (1280x960)

DSCN1808 (1280x960)
この道は中島町の西部にある道です。この先は上滝町
手前は宿横手町、西横手町となります。

DSCN1810 (1280x960)
この道は中島町の東部方面になります。真っすぐ行きますと
上滝町になります。そして高崎伊勢崎線にぶつかります。
この道は住宅地をつなぐ道で手前には大きな道は
ありません。

DSCN1811 (1280x960)

DSCN1812 (1280x960)

DSCN1813 (1280x960)

DSCN1814 (1280x960)

DSCN1816 (1280x960)

DSCN1817 (1280x960)

DSCN1818 (1280x960)
中島町の東部方面は写真のように家並みが
利根川の土手を(枕?)頭にしています。

DSCN1820 (1280x960)

DSCN1822 (1280x960)
紅葉? 珍しい木に遭遇しました。

DSCN1825 (1280x960)

DSCN1832 (1280x960)

DSCN1833 (1280x960)
二三年訪れていませんでしたら、このような
素晴らしい運動場が出来ていました。

DSCN1834 (1280x960)

DSCN1815 (1280x960)

DSCN1837 (1280x960)

DSCN1838 (1280x960)
家庭等の飲料水を送っている浄水場です。
利根川の水を引いているのでしょうね。

DSCN1840 (1280x960)

DSCN1841 (1280x960)

DSCN1842 (1280x960)

DSCN1843 (1280x960)

DSCN1844 (1280x960)

お手数ですがクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村

山間の滝を描く

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


”人目に触れない山間の滝”
に挑戦してみましょう!


お手本完成作品
DSCN1767 (960x1280)

DSCN1478 (1280x960)
9月に入ると、だいぶ稲の穂も出てきました。72候(しちじゅうにこう)を引用しますと、
9月2日頃、”穀物すなわち実る”(=稲が実る)時期だと言っています。
言い得て妙だと思いました。

幻想的には程遠い・小生の完成作品
DSCN1779 (960x1280)
お手本のように和紙を縦長にしませんでした。実際描いてみると
たいへん難しい題材でした。結局濃淡が出なく最後に
又筆を入れてしまって墨色が死んでしまいました。
お恥ずかしい完成品となりました。

DSCN1755 (1280x960)
手本の先生は軸物を得意としています。
展覧会でよく拝見しています。

DSCN1755 (1280x960) - コピー

DSCN1769 (960x1280)
自分は目検討で滝の位置又山の位置を鉛筆で描いて
おきました。先ずは下部位置の右樹木を描きました。
筆は写真のようにバラバラにして点をうつように
して描き淡墨で馴染ませていくようにしました。

DSCN1755 (1280x960) - コピー (2)
この図はどこの部分を描いているのか解りずらいですが、
小生の下図でご紹介の右部分の樹木を描いている
ものと思います。

DSCN1771 (960x1280)
この部分はお手本図No14を描いています。

DSCN1773 (1280x960)
少し滝を入れておいて、上部の山(樹林?)
の左右を描きました。

DSCN1775 (1280x960)
次にお手本をよく見て、滝の流れを入れました。

DSCN1755 (1280x960) - コピー (3)
この図は小生が、上で紹介している下部位置
の滝を描いています。

DSCN1754 (1280x960)
絵の位置があっちこっちと飛ぶので解りずらいです。
実際は筆が勝手に動いているのだと
思います。

DSCN1741 (960x1280)

DSCN1771 (960x1280)
この部分はお手本図No14を描いています。

完成品
DSCN1779 (960x1280)DSCN1757 (960x1280) (960x1280)

お手数ですがクリックお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村

東貝沢町・井野川沿い閑静な住宅地!

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


東貝沢町は思っていたより
閑静な住宅地でした。


DSCN1679 (1280x960)
南には井野川が流れています。その土手沿いには、たくさんの住宅が
ありました。そして西の12号線(前橋高崎線)、高崎環状線からも
わずかに離れ、北の135号線(井野停車場線)、南の高駒線
(27号線)からも程よく離れその中心位置に殿と座って
いる住みやすい恵まれたうらやましい
町だと思いました。

DSCN1694 (1280x960)
園芸品種のススキのようですが秋の息吹を感じます。

DSCN1681 (1280x960)
”くじら森公園” そういえばこの建造物は
クジラの尾に似ています。

DSCN1669 (1280x960)
井野川にある堰(せき)です。何のためにこのような
造りにしているのかが、わかりません。





DSCN1627 (1280x960)
県立高崎商業高校です。台町にあった頃の同校は近所に県立高崎女子高校も
ありました。現在はそれぞれ、高崎警察署、高崎文化会館となっています。

DSCN1663 (1280x960)
昔から馴染みが深い”むらさき露草”です。

DSCN1624 (1280x960)
東貝沢町には公園がたくさんあります。そのほかに轟公園、
長田公園、くじら森公園、天水公園、細井公園、
井ノ貝戸公園等があります。いかに広い町
で緑が多い町だということを、伺い知る
ことが出来ます。

DSCN1625 (1280x960)

DSCN1626 (1280x960)
高崎商業高校運動場です。
DSCN1628 (1280x960)

DSCN1630 (1280x960)

DSCN1631 (1280x960)

DSCN1632 (1280x960)

DSCN1633 (1280x960)

DSCN1641 (1280x960)

DSCN1642 (1280x960)

DSCN1643 (1280x960)

DSCN1644 (1280x960)

DSCN1646 (1280x960)
東貝沢町には中心を割って南北にハナミズキ通りがあり、南面に
は、東西に桜木通りがあります。道には困らない町です。

DSCN1647 (1280x960)

DSCN1648 (1280x960)

DSCN1655 (1280x960)

DSCN1656 (1280x960)



DSCN1661 (1280x960)

DSCN1662 (1280x960)

DSCN1664 (1280x960)

DSCN1668 (1280x960)
東貝沢町には商業施設がほとんどありません。
東に隣接する貝沢町にお任せしっぱなし
です。小学校(東部小学校)も
上大類町にあります。

DSCN1673 (1280x960)
この立派な三軒の家屋は、何が原因か知りませんが
住んでいないようです。生活状況が
見当たりません。

DSCN1678 (1280x960)

DSCN1680 (1280x960)

DSCN1682 (1280x960)

DSCN1683 (1280x960)

DSCN1684 (1280x960)

DSCN1686 (1280x960)

DSCN1687 (1280x960)

DSCN1688 (1280x960)

DSCN1689 (1280x960)
ここにも公園がありました。

DSCN1690 (1280x960)

DSCN1692 (1280x960)

DSCN1691 (1280x960)

DSCN1693 (1280x960)
まさに東貝沢町は公園で周囲の町に憩いの場を
与え、かつ閑静な住宅提供をもしている、
町だと思いました。

DSCN1695 (1280x960)

DSCN1697 (1280x960)

DSCN1698 (1280x960)

お手数ですがクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村

鹿のいる風景を描く

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


渓  流  に  集  う  鹿
の親子の姿を、山奥の森閑とした
空気をとらえて、描いてみよう
とする題材です。

今回も樹木等に白抜き剤を使っています。

最後尾に小生の”日中出品予定の絵”があります。

DSCN1575 (960x1280)

小生の完成品?
DSCN1622 (1280x960) - コピー

DSCN1571 (960x1280)

DSCN1581 (960x1280)
淡墨の筆で下絵を描くと説明しています。小生はとても描けません。
鹿は他の紙で練習した上で、4B,5Bの鉛筆で下絵を
描きます。鉛筆は消せるからです。但し、何回も
消しゴムを使うと和紙が汚れて良い墨色が
出なくなります。評価が下がります。

DSCN1610 (960x1280)
小生が鉛筆で下絵を描き終わりました。

DSCN1607 (960x1280)
小生は計算機をいつも手元においておきます。というのは手本等を感覚でとらえるのと、
実際がずいぶん違っていることが分かったのです。たとえば、手本の鹿が2cmで
手本のサイズ全体が30cm、和紙が60cmとします。ということは200%に
なります。よって2cmX200%で4cmということになります。

DSCN1587 (1280x960)

DSCN1581 (960x1280) - コピー
筆に白抜き剤を含めて吹き付けると説明しています。
実際やってみるとそれが吹き飛ばないです。
息が切れてしまいます。
DSCN1611 (1280x960)

DSCN1614 (960x1280)
白抜き剤が吹き飛ばないので、筆をバラバラにして手本の
白っぽいところに白抜き剤をチョンチョンとおきました。

DSCN1583 (1280x960)

DSCN1577 (960x1280)

DSCN1577 (960x1280) - コピー (2)
この辺のバックの墨の入れ方は鹿を描くより技量が
必要だと思います。風景題材全部にいえると
思います。主役を引き立てるためには
脇役の役割が重要だということが
わかります。

DSCN1577 (960x1280) - コピー

DSCN1584 (1280x960)

DSCN1586 (1280x960)

DSCN1576 (960x1280)

DSCN1573 (960x1280) - コピー

DSCN1573 (960x1280)

DSCN1618 (1280x960)
なかなか白抜き剤の効果が出ないので納得できませんでした。
”わんぱう”の白抜き剤の説明は15倍に薄めるとして
ありますが他の教科をみましたら水を小さじ2杯
位しかいれていませんでした。

DSCN1622 (1280x960)
主役の鹿は最後に墨を入れます。主役は周りが
引き立ててくれて、いい役ですね。

日中水墨画交流展出品予定作品
ほぼ描き終わりました。
DSCN1591 (1280x960)

DSCN1588 (1280x960)
この作品も”わんぱう”の白抜き剤を使っています。これは太いビニール縄
をほどこしてバラバラにしました。これを水で新聞紙に打ちつけ練習
しました。高校野球はバットの振り方を練習しますが小生は
白抜き剤の打ち方の練習です。

お手数ですがクリックお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村