FC2ブログ

滝沢博嶺・玉鳳のホームページ

地域情報・水墨画・草花を、ご紹介していきます。

聖石橋(ひじりいしばし)のある聖石町

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on



今まで聖石橋(ひじりいしばし)を小生は”ひじりばし”と
呼んでいました。周りの人達もこのように言って
いる人が多いかと思いますが。小生の聞き
方に問題があるのでしょうか。ところで、
聖石橋はよく利用させていただいて
いる橋なので、知っていましたが

聖石町(ひじりいしまち)
があるとは、存じませんでした。

DSCN6076 (1280x960)
聖石橋は17号線を東京方面から来て和田橋手前を
観音山に向かって左に折れ、渡り切った、
烏川沿い右手、土手際の町です。

聖石橋の烏川沿いの土手から写しています。向かい合いには、
和田橋も見えます。土手際にある町が”聖石町”です。

DSCN6081 (1280x960)
聖石町は実に整然とした区画で取材も楽でした。
1丁目から16丁目まであって境目には道が
あります。各家庭の表札には住所と
名前がありました。他の町は
苗字だけが多く、今どこの
町にいるのかがわか
りません。
DSCN6066 (1280x960)

DSCN6057 (1280x960)

DSCN6053 (1280x960)

DSCN6054 (1280x960)

DSCN6055 (1280x960)

DSCN6056 (1280x960)
この食彩館を目指して車を走らせました。ところが
ローマ字でShokusaikanと書かれていたので
道に迷ったかなと思いました。前方の
建物は高崎市役所です。

DSCN6058 (1280x960)

DSCN6059 (1280x960)

DSCN6060 (1280x960)

DSCN6061 (1280x960)

DSCN6062 (1280x960)

DSCN6063 (1280x960)

DSCN6065 (1280x960)

DSCN6067 (1280x960)

DSCN6069 (1280x960)
白衣観音様が見えます。

DSCN6070 (1280x960)
観音山沿いの町は、片岡町になります。

DSCN6071 (1280x960)

DSCN6072 (1280x960)

DSCN6073 (1280x960)

DSCN6074 (1280x960)
前方の橋は、和田橋です。

DSCN6077 (1280x960)

DSCN6078 (1280x960)

DSCN6079 (1280x960)

DSCN6080 (1280x960)

DSCN6082 (1280x960)

DSCN6083 (1280x960)

DSCN6084 (1280x960)

DSCN6085 (1280x960)

お手数ですがクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村

懐かしい落葉焚きの風景を描く

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


今の時代では見られない懐かしい
落  ち  葉  焚  き
をするご夫妻の絵を描いてみました。
目的は落ち葉を炊く煙の表情を
描いて見たいと思った
からです。

お手本の写真
DSCN6011 (768x1024)

小生の作品
DSCN6018 (768x1024)
まだ濡れている状態です。ご夫妻は
ちょっと若づくりにしました。
F20号

DSCN5990 (768x1024)
途中からブログに発信してみようと
デジカメを取りました。

DSCN5991 (768x1024)
左手前の樹木がイメージより大きく
なってしまったと思いました。

DSCN5993 (768x1024)
人物は最後に描こうと思い他をつぶして
行きました。

DSCN5994 (768x1024)
あまり見せられない現場風景です。

DSCN5995 (768x1024)
この下の台は120号迄描けます。

DSCN5996 (1024x768)

DSCN5997 (768x1024)
奥の家の間を思い切って濃墨で
染めました。

DSCN5999 (768x1024)
落ち葉が焼かれている状態は白を残すこと
に注意しました。

DSCN6000 (1024x768)

DSCN6001 (768x1024)
空を薄く染めよと刷毛を使い一直線に
描きました。濃すぎたかなと思い
ましたがまあま~でした。

DSCN6002 (768x1024)
手前の地面を黒くしたほうが順当かなと思いましたが
落ち葉の下を黒くして近くを薄くしようと
挑戦しました。

DSCN6007 (768x1024)
描くときは寝かせてかきますが、見るときは
キリンビールの入れ物を使って
見ます。動かせて便利です。

DSCN6008 (768x1024)

DSCN6009 (768x1024)
お恥ずかしい現場風景です。

DSCN6010 (768x1024)
まともな筆はあまりありません。手作りが多いです。
古い筆の作り物ですから、気が楽です。
筆を洗った水も一部残して
置きます。煙を描くとき
など薄くて便利
です。

DSCN6013 (1024x768)
熊手部分を描きました。煙の状態を描くのに
考えました。

DSCN6014 (1024x768)

DSCN6015 (768x1024)
ズボンを描きました。一筆で描こうと墨の
含ませ量に神経を使いました。
ちょっと墨がにじんだところ
は石にしました。

DSCN6016 (1024x768)
案の定墨が外へ出てきました。

DSCN6018 (768x1024)
もう少し乾いたら修正しようと思っています。
一応、F20号完成。

お手数ですがクリックお願いします。

にほんブログ村

高崎市の最東部の萩原町

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


利根川沿いに位置する
萩    原    町
は南北に広大な面積を有し、
利根川が悠々と流れ
風光明媚なうら
やましい町
です。
DSCN5952 (1280x960)

雄大な利根川が悠々と流れています。

DSCN5934 (1280x960)

DSCN5963 (1280x960)
萩原町の西には県道13号線(長瀞線)が走っています。
とにかく南北に広く全部を取材して歩くのは、小生に
とってはとても困難です。

DSCN5966 (1280x960)
この町には京ヶ島小学校の案内板をよく見かけんす。

DSCN5970 (1280x960)

DSCN5935 (1280x960)

DSCN5936 (1280x960)

DSCN5937 (1280x960)

DSCN5945 (1280x960)

DSCN5938 (1280x960)

DSCN5939 (1280x960)
田園風景は郷愁を誘います。

DSCN5940 (1280x960)

DSCN5941 (1280x960)

DSCN5942 (1280x960)

DSCN5943 (1280x960)

DSCN5944 (1280x960)

DSCN5946 (1280x960)

DSCN5947 (1280x960)

DSCN5949 (1280x960)

DSCN5950 (1280x960)

DSCN5951 (1280x960)

DSCN5953 (1280x960)
素晴らしい光景です。

DSCN5955 (1280x960)
前方に見えるのは県庁ビルだと思います。

DSCN5956 (1280x960)

DSCN5959 (1280x960)
鵜の鳥とカモが仲良く遊んでいました。

DSCN5960 (1280x960)

DSCN5961 (1280x960)
利根川沿いを歩いていますと台風の影響だと
思わせる樹木が折れたのを見かけます。

DSCN5962 (1280x960)

DSCN5967 (1280x960)

DSCN5969 (1280x960)

お手数ですがクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村

長野の千曲川を描いてみましょう

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


長野県北東部を流れる千曲川、北上して新潟県に入り
信濃川となる。全長214キロメートル。ちなみに
利根川は322キロメートルです。
長 野 県 千 曲 川
を描いてみましょう。


千曲川のお手本
DSCN5911 (1024x768)


小生の完成品
DSCN5930 (1024x768)

DSCN1571 (1280x960)

DSCN5914 (1024x768)
先ずはお手本のあたりを取りました。小生の大作は障子紙
(最近はコピー、デジカメで写真を撮ってエクエルで
パソコン拡大して・・・)で本番より神経(構図)を
使っています。

DSCN5916 (1024x768)
こんな筆で書いてみました。写真の右は山水の掛け軸を
描いていた時代に使っていたたたき筆(?)です。

DSCN5917 (768x1024)
先濃後淡を頭に入れて、手前から或いは
濃いいところから描き始めました。

DSCN1702 (1280x960)

DSCN5918 (1024x768)
橋を描きました。注意をしたのは欄干が一本線にならないように
右から描いたり、左から描いたりして水墨画的(?)に
しました。

DSCN5920 (1024x768)
手前の葦の草を描きました。ほかの紙にちょっと
練習して感覚を手に覚えさせました。

DSCN1713 (1280x960)

DSCN5922 (1024x768)
一番奥の家並みを描きました、これも一寸他の
紙に描いて練習しました。要領は屋根を
白く残してその下を塗り染めれば
お手本のように描けるのでは、
ないかと感覚を得ました。

DSCN5923 (1024x768)
上部の土手部分を描きました。

DSCN5924 (1024x768)
いよいよ仕上げ段階ですが、結局先濃後淡生かされず、
何回も塗っていきました。一筆描きは難しいと
思いました。

DSCN5925 (1024x768)

DSCN1455 (1280x960)

DSCN5926 (1024x768)
ある程度固めて乾くのを待ちました。

DSCN5930 (1024x768)
草ぼうぼうを最後に入れて仕上げました。

DSCN1468 (960x1280)


お手数ですがクリックお願いします。

にほんブログ村

第44回高崎市長寿会スポーツ大会(足門町)

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on

昭和・平成をかけ抜けてきた高崎市の
長寿者対象の
第44回 長 寿 会 ス ポ ー ツ 大 会
が開催されました。
あいにくの雨模様の曇り空でしたが、長寿者に
とっては絶好の天気日和になりました。
昨年は熱中症病で救急車騒ぎも
あったようです。今年はけが
人もなく無事終わった
ようです。
場所:群馬総合運動場(高崎市足門町)
平成30年10月11日(木)
懐かしい昔の高崎市風景を織り交ぜてご紹介します。

DSCN5891 (1280x960)
高崎市だけの長寿者の集いですがあまりにも
多いのでビックリしました。


長寿会は弔辞を読む会からコミュニケーションの場に変化しているようです。

DSCN5890 (1280x960)

DSCN5894 (1280x960)

DSCN5576 (1024x768)
高崎城のお堀で学童の釣り大会をやっていたのですね。
長寿会の人々も当然このころ生まれていました。
約半世紀前でした。

DSCN5874 (1280x960)

DSCN5577 (768x1024)

DSCN5570 (1024x768)

DSCN5875 (1280x960)

DSCN5877 (1280x960)

DSCN5878 (1280x960)
富岡市長もあいさつに来られました。

DSCN5568 (1024x768)

DSCN5880 (1280x960)

DSCN5881 (960x1280)

DSCN5575 (1024x768)

DSCN5873 (1280x960)

DSCN5882 (960x1280)

DSCN5572 (1024x768)

DSCN5884 (1280x960)
せんべい喰い競争です。せんべいをかじってゴールしない人
は失格になっていました。

DSCN5885 (1280x960)

DSCN5571 (1024x768)
こんな光景思い出します。

DSCN5872 (1280x960)

DSCN5886 (1280x960)

DSCN5887 (1280x960)

DSCN5567 (1024x768)

DSCN5888 (1280x960)
地区ごとにプラカードを立てて居場所を決めてあります。

DSCN5892 (1280x960)

DSCN5574 (1024x768)

DSCN5893 (1280x960)
三位まで賞状をもらえるというのである地区の選手(?)は
練習に励んでいました。

DSCN5895 (1280x960)

DSCN5573 (1024x768)

お手数ですがクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村