FC2ブログ

滝沢博嶺・玉鳳のホームページ

地域情報・水墨画・草花を、ご紹介していきます。

杉木立で墨色を勉強しましょう

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


墨色は三墨法と
先   濃   後   淡
との組み合わせで美しい墨の
5色が生まれて来る
と思います。

杉木立のお手本
DSCN6533 (768x1024)

小生の習作
DSCN6574 (768x1024)

DSCN6562 (768x1024)
先ずはあたりを取ります。

DSCN6564 (1024x768)
刷毛を三墨にして他の紙を置いてマスキングします。

DSCN6544 (768x1024)

DSCN6566 (768x1024)
刷毛の半分を濃墨にして半分は淡墨にして一気に引きます。

DSCN6506 (1024x768)

DSCN6510 (1024x768)

DSCN6567 (1024x768)

DSCN6568 (1024x768)
ここでも他の紙を置いてマスキングをします。
筆を回しながら葉らしきを描いていきます

DSCN6509 (1024x768)

DSCN6513 (1024x768) - コピー

DSCN6537 (768x1024)

DSCN6539 (768x1024)


DSCN6569 (768x1024)

DSCN6536 (768x1024)

DSCN6520 (1024x768)

DSCN6570 (768x1024)

DSCN6571 (1024x768)

DSCN6572 (768x1024)
違反です。乾いたら薄かったので、はむら(葉叢)
に濃墨をいれてしまいました。

小生の完成品
DSCN6574 (768x1024)

DSCN6533 (768x1024)

お手数ですがクリックお願いします。

にほんブログ村

琴平神社がある新後閑町(しごかまち)を尋ねる

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on

  明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い
申し上げます。

DSCN6415 (1024x768)

琴    平    神     社
新年にあたって新後閑町(しごかまち)に
あります琴平神社を、お参りしてき
ました。場所は国道17号線と県
道71号線(城南大橋)の交
わる付近一帯が新後閑
町です。南には烏川
が流れています。

DSCN6436 (1280x960)
琴平神社の境内から一帯を写しています。

DSCN6479 (1280x960)

DSCN6426 (1280x960)

DSCN6435 (1280x960)
お賽銭箱に懐かしい”福田赳夫”の名前が書かれていました。

DSCN6437 (960x1280)
境内にケヤキの巨木がありました。

DSCN6438 (1280x960)

DSCN6439 (1280x960)

DSCN6441 (1280x960)

DSCN6442 (1280x960)

DSCN6451 (1280x960)

DSCN6452 (1280x960)
城南小学校に沿って上信電鉄が敷かれています。

DSCN6457 (1280x960)
たまたま、電車がグッドタイミングでやってきました。
下仁田町発高崎駅行きと表示されています。

DSCN6458 (1280x960)

DSCN6459 (1280x960)
この町並みは、琴平神社がある位置とは逆の、
国道17号線を超えたところの
新後閑町です。

DSCN6460 (1280x960)

DSCN6461 (1280x960)

DSCN6462 (1280x960)
この道は県道71号です。もう少し走ると城南大橋に入ります。

DSCN6463 (1280x960)

DSCN6464 (1280x960)

DSCN6465 (1280x960)
国道17号を渡す橋は城南大橋(=県道71号)です。

DSCN6470 (1280x960)
城南球場を過ぎて倉賀野町、新町方面に向かっています。

DSCN6473 (1280x960)
琴平参道は、ほぼ南北に走り、東西に国道17号線があります。

DSCN6474 (1280x960)

DSCN6475 (1280x960)

DSCN6480 (1280x960)

DSCN6482 (1280x960)
この琴平参道を北へ何歩か足を運ぶと
国道17号線にぶつかります。

DSCN6418 (1024x768)
隣接して”荘厳寺”という立派なお寺がありました。

DSCN6417 (1024x768)

DSCN6419 (1024x768)
門松も飾られ、お正月を待つだけです。

DSCN6423 (1280x960)

お手数ですがクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村

”天空の城”松山城を描いてみよう

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


テレビから写し撮った
松   山   城
を描いてみます。このロケーションは、お城からかなり
離れた山から望遠レンズで撮ったものと思います。
雲の上にある城に見えることから
”天空の城”と言われている
ようです。

”天空の城”松山城
DSCN7185 (1280x960)

小生の完成品
DSCN6402 (1280x960)

DSCN6401 (1280x960)

DSCN6370 (1280x960)
使用する和紙のサイズにするため縦横の比率を
同じにします。

DSCN6373 (1280x960)

DSCN6375 (1280x960)
これを138%に拡大します。

DSCN6376 (1280x960)
当然濃い5B,6B、8B等の鉛筆で塗りこみます。

DSCN6377 (960x1280)

DSCN6378 (960x1280)
鉛筆で写し取るのは和紙が汚れないでよいのですが
時間もかかり写した結果が薄くて補完しなけれ
ばなりません。木炭はよく写りますが
大変和紙が汚れます。

DSCN6380 (1280x960)
写す鉛筆はHB,か2Bで写します。赤鉛筆は下絵が破けて
和紙に写ったら和紙が命取りになります。

DSCN6385 (1280x960)
その下絵が完成したら、和紙の上にのせて硬い鉛筆で写します。
案の定木炭ではないのではっきりしません。手直し
します。


DSCN6389 (1280x960)

DSCN6395 (1280x960)
写し終わったら先ずはお城を描きました。景色はあまり
描くところがないと思ったからです。

DSCN6400 (960x1280)
景色の濃いところはこの筆?を使いました。
化粧筆のようです。

DSCN6396 (1280x960)

DSCN6398 (960x1280)

DSCN6399 (1280x960)

DSCN6401 (1280x960)

お手数ですがクリックお願いします。

にほんブログ村

軍艦島で知られる中島町の利根川べり

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


今回は、広い
中    島    町
の利根川沿いに絞って、
尋ねて見ました。

DSCN6292 (1280x960)
軍艦島は、長い間の風水害で、昔より小さくなったような気がします。

DSCN6286 (1280x960)
平成30年12月11日
立冬から一か月余り、木立も寒々と
なってきました。

DSCN6333 (1280x960)

DSCN6302 (1280x960)
あの歴史的な暑さから4か月、草木も今は枯れ果てています。

DSCN6288 (1280x960)
いよいよ軍艦島のある利根川沿いへ向かって行きます。
まるでジャングル地帯に入っていくような
感じです。

DSCN6289 (1280x960)
とても夏場は、うっそうとしてここには入り込めません。

DSCN6290 (1280x960)

軍艦島を持つ中島町の悠々とした利根川の流れに癒されます。

DSCN6291 (1280x960)
向かい合いの家並みは前橋市になります。

DSCN6332 (1280x960)

DSCN6295 (1280x960)

DSCN6296 (1280x960)

DSCN6299 (1280x960)

DSCN6300 (1280x960)

DSCN6331 (1280x960)

DSCN6303 (1280x960)
軍艦島のあるジャングル地帯を出て、西方面
の堤防を歩いてみます。

DSCN6305 (1280x960)

DSCN6308 (1280x960)
無料で使える運動場が、たくさん造られてきました。

DSCN6309 (1280x960)

DSCN6311 (1280x960)

DSCN6313 (1280x960)

DSCN6314 (1280x960)

DSCN6317 (1280x960)

DSCN6318 (1280x960)
二人の自転車乗りが、ボケっと歩いていた私に柔らく、
声をかけて通過して行きました。

DSCN6321 (1280x960)

DSCN6322 (1280x960)

DSCN6323 (1280x960)

DSCN6324 (1280x960)

DSCN6326 (1280x960)
この中島町も、開けていない利根川沿いが
ドンドン開発されています。

DSCN6328 (1280x960)

DSCN6329 (1280x960)

DSCN6330 (1280x960)

お手数ですがクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村

2018 第69回群馬県展

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


毎年、群馬の森で開催される
”県  展”
があっという間にやってきて、あっという間に
10日間が経過し12月2日に終わりました。
何か県美術界の祭典のように
思われます。また来年が
あっという間にやって
来ることでしょう。

期間 30.11.23 (金)~ 12.02(日)
場所 群馬県立近代美術館
DSCN6209 (1280x960)

日本画(水墨画含)部門をご紹介します。
DSCN6220 (960x1280)
県知事賞


多種多様な作品が展示されその評価は観覧者が決める
ものだと思います。

DSCN6205 (960x1280)

DSCN6211 (1280x960)

DSCN6241 (1280x960)

DSCN6226 (1280x960)

DSCN6213 (1280x960)

DSCN6207 (1280x960)

DSCN6219 (1280x960)

DSCN6214 (1280x960)

DSCN6215 (1280x960)

DSCN6218 (1280x960)

DSCN6219 (1280x960)

DSCN6221 (1280x960)

DSCN6222 (1280x960)

DSCN6223 (1280x960)

DSCN6224 (1280x960)

DSCN6225 (1280x960)

DSCN6229 (1280x960)

DSCN6230 (1280x960)

DSCN6231 (1280x960)

DSCN6232 (960x1280)

DSCN6233 (1280x960)

DSCN6235 (960x1280)

DSCN6236 (960x1280)

DSCN6237 (960x1280)

DSCN6238 (960x1280)
.
DSCN6239 (960x1280)

DSCN6242 (1280x960)

DSCN6245 (1280x960)

お手数ですがクリックお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村