FC2ブログ

滝沢博嶺・玉鳳のホームページ

地域情報・水墨画・草花を、ご紹介していきます。

箕輪城跡がある箕郷町東明屋

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


箕  輪  城 跡 がある箕郷町東明屋

を尋ねました。戦国時代の1500年頃、長野氏
一族が築城した箕輪城跡があります。
平成28年11月郭馬出虎口門(かく
うまだしこぐちもん)の城門
復元が完成しました


郭馬出虎口門(かくうまだしこぐちもん)
DSCN0950 (1280x960)
(かく=くるわ=傾斜面を削って=削平地)は、この場合広場を意味します。
馬出し(土手に囲まれて人馬の動きが分からない門の前)にある
虎口門(虎口は小口とも書かれ狭い門をいう)近世城郭
(じょうかく)では、郭を丸と称します。中心となる
主郭(しゅかく)を本丸といい、その近くを
二の丸、三の丸と称するのが
原則のようです。

DSCN1264 (1280x960)

二の丸から郭馬出西虎口門を見る。

DSCN1286 (1280x960)
中世では本丸とは便宜上の呼び名で、城の中心を指す
名称ではなさそうです。箕輪城自体も天守閣はなく、
いわゆる山城で軍事的構造物であったようです。

DSCN0941 (960x1280)
虎口門とは城の重要な部分で、虎の牙に例えて虎口とした
という説もあります。。馬出しとは城門前の堀対岸に
設けられ、虎口を防御するためにあります。
虎口門左右の土手のことで人馬の
動きを見えないようにします。


DSCN1274 (1280x960)
本丸、二の丸、三の丸とあります。丸とは郭(くるわ)のことで平らな広場みたいな
ところをいいます。”丸”というと天守閣、櫓(やぐら)と勘違いしている人が
多い。又本丸が城の中心とは限らないということも言っております。。

DSCN1266 (1280x960)
東明屋というと”箕輪城跡”という意識が強く、街のご紹介が疎かに
なてしまったことをお詫び申し上げます。大河ドラマでお馴染み
の直虎は、直政の育ての親です。

th[6]
馬出しとは、城門前に築いて、人馬の出入りを
敵に知られないようにした土手。。

th[3]

DSCN0977 (1280x960)

DSCN1273 (1280x960)
二の丸に入る前に虎口門があります。

DSCN1263 (1280x960)


DSCN1276 (1280x960)
二の丸から見た郭馬出西虎口門です。ここ迄、敵軍が攻め入らないように
郭馬出しで防御、戦ったと思われます。しかし武田軍の攻勢で1566年
ついに落城してしまったのです。長野氏は4代続きましたが、ついに
終焉に至りました。時の城主長野業盛は1566年9月一族
郎党と自害しました。享年23才。長野業尚(なりひさ)、
長野信業、長野業政、長野業盛と四代続きました。
決死で城を守ったのでしょう。

DSCN1283 (1280x960)
ところで長野業盛の墓は井出町にある”大円寺”
にあるということです。井出町の取材のとき
は知りませんでした。

DSCN1284 (1280x960)

DSCN1285 (1280x960)


DSCN1287 (960x1280)

DSCN1288 (1280x960)
御前曲輪(ごぜんくるわ)には、長野業盛と家来が
自刃した持仏堂がありました。 

DSCN1289 (1280x960)

DSCN1297 (1280x960)
歴史に名高い石上寺です。でも当時の需要拠点とは
思えない質素なお寺でした。住職不在だと
思います。

DSCN1299 (1280x960)
500年の歳月は、石上寺の、往時を振り返えさせるには、
物足りません。時の流れを感じます。

DSCN1302 (1280x960)

DSCN1278 (1280x960)

DSCN1281 (1280x960)

DSCN1282 (960x1280)

DSCN0905 (1280x960)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村

DSCN0907 (1280x960)
万松寺です。現在は歴史に馴染みの石上寺や
龍門寺より立派な寺院です。

DSCN0911 (1280x960)
龍門寺

DSCN0914 (1280x960)

DSCN0918 (1280x960)
ここから見る龍門寺が歴史を思わせる寺院
に見えます。でも境内は狭く、やっぱり
山寺で平地の寺のように敷地が
充分とれなかったのかな~
と思いました。
DSCN0928 (1280x960)

DSCN0932 (1280x960)

DSCN0934 (1280x960)

DSCN0935 (1280x960)

DSCN0936 (1280x960)

DSCN0938 (1280x960)

DSCN0941 (960x1280)

DSCN0942 (1280x960)

DSCN0947 (1280x960)



DSCN0950 (1280x960)
この虎口門の裏に二の丸広場があります。
移っている樹木は二の丸を囲っています。

DSCN0955 (1280x960)
馬出しとは城門前に築いて、人馬の出入りを敵に知られない
ようにした土手を言います。

DSCN0959 (1280x960)

DSCN0963 (1280x960)

DSCN0965 (1280x960)

DSCN0968 (1280x960)

DSCN0971 (1280x960)
本丸も御前曲輪(ごぜんくるわ)も、今は案内板で紹介されているのを
見て理解を深めているだけです。しかし業盛(若干23才)が、
武田軍勢に攻められもうダメかと判断し、御前曲輪で
自刃したことを思うと、まさに命がけで、守る拠点
だったことを痛感しため息が出てしまいました。

DSCN0972 (1280x960)


DSCN0978 (1280x960)

DSCN0979 (1280x960)

DSCN0981 (1280x960)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suminooekaki.blog.fc2.com/tb.php/438-6e4c8c93