FC2ブログ

滝沢博嶺・玉鳳のホームページ

地域情報・水墨画・草花を、ご紹介していきます。

画印の基本知識

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


についての基本知識
を勉強してみたいと
思います。


DSCN0913 (936x1280)
捺(お)すは捺印(なついん=印に肉をつけて紙等につけること)
からきてこの文字を使うのでしょうネ。因みに”押す”は
密着して圧力を加えるとの意。

DSCN0867 (1280x960) - コピー
小生の印泥はこんなに柔らくないです。こんな状態だったら
良い印が捺(お)せると思います。

DSCN0874 (1280x960)

DSCN0911 (957x1280)
小生もこのようにして押印(=捺印)しています。但し全体を
混ぜてはいません。時間がかかりますから。

DSCN0911 (957x1280) - コピー
小生は、このような専用の油はもっていません。

DSCN0911 (957x1280) - コピー (2)

印の捺(お)し方
印泥をつける
DSCN0873 (1280x960) - コピー - コピー
誰に教わることなくこのようにしています。

DSCN0873 (1280x960) - コピー (3)
100号以上の印はなかなか印泥をつけるのに苦労しています。
満足に押せたことはありませんでした。印泥容器を逆さに
して印泥をつけることを、ここで初めて知りました。

DSCN0872 (1280x960) - コピー (3)
印泥を盛り上げる理由は一つには、印の外周を汚さない
ことにもあるのですネ。

DSCN0872 (1280x960) - コピー (4)
印泥を付けたらよく見るのですネ。このように
見たことはありませんでした。

DSCN0912 (934x1280)


印を捺(お)す
DSCN0873 (1280x960)
小生もT字形の印矩(いんく=T字形の定規をいう)を二つ持っています。

DSCN0873 (1280x960) - コピー (2)
でも、これを使っても中心位置に押せないことがあります。
印矩を置く位置が重要なのです。それには絵を
たくさん画いて経験することだと思います。

DSCN0872 (1280x960) - コピー

DSCN0931 (1280x960)
ハブラシは印箱に入れてあり、使用後はいつも清掃しています。

お手数ですがクリックお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suminooekaki.blog.fc2.com/tb.php/458-61ad7ab5