FC2ブログ

滝沢博嶺・玉鳳のホームページ

地域情報・水墨画・草花を、ご紹介していきます。

羨ましい吉井町馬庭(まにわ)の景観

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


吉  井  町  馬  庭  (まにわ)  は
なんと、素晴らしい景観に恵まれた町だろうと
思いました。うらやましくも感じました。
子供たちの心身発達、発育には
とっても良い環境だと直感的
に脳裏に貼りつきました。

DSCN2448 (1280x960)
珍しい紋様を見せる鏑川の流れです。



DSCN2446 (1280x960)
鏑川に架かる”入野橋”です。この橋を渡ると254号線にぶつかり
左は藤岡方面へ、右は富岡方面へと繫がっていいきます。
この橋の北近くに”吉井高校”があります。

DSCN2414 (1280x960)
馬庭小学校は自衛隊駐屯地と吉井高校のほぼ
中間位置にあります。

DSCN2413 (1280x960)

DSCN2411 (1280x960)
この道は馬庭の住宅地へつながっていく道で、200号線はこの北に
あります。先に見える信号を北にいくと200号線へとつながって
いきます。200号線は鏑川沿いにあり吉井町の西部方面
と藤岡市の山名方面をつなげていきます。要するに
鏑川の北は200号線、南に254線があり、共に
吉井町と藤岡市の東西をつなげています。

DSCN2417 (1280x960)
馬庭小学校の野外授業が行われていました。
天気も上々で生徒は陽の光をいっぱい
浴びていました。

DSCN2418 (1280x960)

DSCN2419 (1280x960)
馬庭には”陸上自衛隊吉井分屯地”があります。200号線から
写しています。敷地に宅配業者等が入っているので、
小生も門に近ずくと若い隊員が寄って来ました。
小生は180度方向変換をして離れました。

DSCN2443 (1280x960)
”自衛隊分屯地”の南を左右に走る、200号線があります。
吉井高等学校はそれを真っ直ぐ突きって南に
行きますと吉井高校校舎があります。
その先には鏑川に架かる
入野橋があります。

DSCN2435 (1280x960)

昔々の校内マラソンを思い出します。見ている人より、
本人はたいへんだということが分かります。

DSCN2444 (1280x960)
最後まで頑張れと、他人は人ごとだから言えます。

DSCN2416 (1280x960)

DSCN2420 (1280x960)

DSCN2421 (1280x960)
200号線です。左は”自衛隊分屯地”です。

DSCN2422 (1280x960)

DSCN2423 (1280x960)
馬庭に隣接する吉井町小暮の住宅地かもしれません。

DSCN2412 (1280x960)

DSCN2424 (1280x960)

DSCN2428 (1280x960)
この標識は小暮地域です。なかなか境界線が
わかりません。手前が小暮地域で、この
先が馬庭だと思います。前方の
高い建物が確か馬庭小学校
だと思います。

DSCN2429 (1280x960)

DSCN2430 (1280x960)

DSCN2431 (1280x960)

DSCN2432 (1280x960)

DSCN2433 (1280x960)
上信電鉄に電車が走ってきました。

DSCN2438 (1280x960)

DSCN2440 (1280x960)

DSCN2441 (1280x960)
吉井高校の近くにあるお堂です。

DSCN2442 (1280x960)
鏑川を南に背負っている、吉井高校です。

DSCN2449 (1280x960)

DSCN2450 (1280x960)

DSCN2451 (1280x960)
飯玉神社は馬庭駅の近くにあります。この道を
北に上っていきますと”馬庭念流道場
方面へ行きます。

DSCN2452 (1280x960)

DSCN2453 (1280x960)
毎年正月?に”馬庭念流道場”の試合模様が新聞紙上
に掲載されています。

DSCN2454 (1280x960)

DSCN2455 (1280x960)
この敷地で、念流道場の鍛錬試合が行われるのか?

DSCN2456 (1280x960)

DSCN2458 (1280x960)

DSCN2459 (1280x960)
停車していると上りと下りの電車に遭遇しました。。

DSCN2463 (1280x960)
上信電鉄です。車の中から写しました。


お手数ですがクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suminooekaki.blog.fc2.com/tb.php/463-93f232b9