FC2ブログ

滝沢博嶺・玉鳳のホームページ

地域情報・水墨画・草花を、ご紹介していきます。

スタンピングをマスターしましょう

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


この教本は新聞紙を切って
スタンピング
していますがこの他ダンボール裏のギザギザ
を利用したり木材の筋目を利用したりして
様々を利用できます。

お手本の完成品
DSCN4551 (1024x768)

小生の完成品
DSCN4593 (768x1024)
枝が濃くてお粗末でした。F20号

DSCN4553 (1024x768)

DSCN4553 (1024x768) - コピー

DSCN4553 (1024x768) - コピー - コピー
新聞切りは、心配無用、自由に切れます。

DSCN4522 (1024x768)

DSCN4525 (1024x768)
切った新聞をドーサ液に浸します。このときピンセットを使うと
手を汚さずに作業がスムーズにいきます。
ドーサ液は次の作業の墨をはじくために
使います。これをしないと新聞は
真っ黒になってしまうからです。

DSCN4525 (1024x768) - コピー
今度は濃墨の中に浸します。

DSCN4525 (1024x768) - コピー (2)
次は濃墨をつけた新聞紙をピンセットで取り出して
予め用意した皿に置いて、ところどころに濃墨を
おきます。これがブナの味を出してくれます。


DSCN4559 (1024x768) - コピー
これを本番の和紙に置いてテイシュペーパー等の
まるめた物で押してけます。

DSCN4561 (768x1024)
ドーサ液が墨をはじいているからこのような
ブナの味が出るのです。

DSCN4561 (768x1024) - コピー

DSCN4561 (768x1024) - コピー - コピー
強く押してはがします。自分は全部置いたあと
いっぺんにはがしました。

DSCN4534 (1024x768)
この後全体を見て超薄墨で形を整えます。
そのあと枝を濃墨で描くとあります。
自分は濃墨過ぎて枝が味のない
絵になってしまいました。

DSCN4534 (1024x768) - コピー

DSCN4534 (1024x768) - コピー - コピー

DSCN4563 (768x1024)

DSCN4563 (768x1024) - コピー

DSCN4563 (768x1024) - コピー - コピー
枝を書いたら裏返しして木の中心に濃墨を
入れます。これが最後の作業でブナ
に質感が出てきます。

以下は林と水辺の作業になります。
DSCN4554 (768x1024)

DSCN4554 (768x1024) - コピー

DSCN4554 (768x1024) - コピー - コピー

DSCN4555 (768x1024)

DSCN4555 (768x1024) - コピー

DSCN4555 (768x1024) - コピー - コピー

お手数ですがクリックお願いします

にほんブログ村
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suminooekaki.blog.fc2.com/tb.php/494-6c99639a