FC2ブログ

滝沢博嶺・玉鳳のホームページ

地域情報・水墨画・草花を、ご紹介していきます。

長野の千曲川を描いてみましょう

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


長野県北東部を流れる千曲川、北上して新潟県に入り
信濃川となる。全長214キロメートル。ちなみに
利根川は322キロメートルです。
長 野 県 千 曲 川
を描いてみましょう。


千曲川のお手本
DSCN5911 (1024x768)


小生の完成品
DSCN5930 (1024x768)

DSCN1571 (1280x960)

DSCN5914 (1024x768)
先ずはお手本のあたりを取りました。小生の大作は障子紙
(最近はコピー、デジカメで写真を撮ってエクエルで
パソコン拡大して・・・)で本番より神経(構図)を
使っています。

DSCN5916 (1024x768)
こんな筆で書いてみました。写真の右は山水の掛け軸を
描いていた時代に使っていたたたき筆(?)です。

DSCN5917 (768x1024)
先濃後淡を頭に入れて、手前から或いは
濃いいところから描き始めました。

DSCN1702 (1280x960)

DSCN5918 (1024x768)
橋を描きました。注意をしたのは欄干が一本線にならないように
右から描いたり、左から描いたりして水墨画的(?)に
しました。

DSCN5920 (1024x768)
手前の葦の草を描きました。ほかの紙にちょっと
練習して感覚を手に覚えさせました。

DSCN1713 (1280x960)

DSCN5922 (1024x768)
一番奥の家並みを描きました、これも一寸他の
紙に描いて練習しました。要領は屋根を
白く残してその下を塗り染めれば
お手本のように描けるのでは、
ないかと感覚を得ました。

DSCN5923 (1024x768)
上部の土手部分を描きました。

DSCN5924 (1024x768)
いよいよ仕上げ段階ですが、結局先濃後淡生かされず、
何回も塗っていきました。一筆描きは難しいと
思いました。

DSCN5925 (1024x768)

DSCN1455 (1280x960)

DSCN5926 (1024x768)
ある程度固めて乾くのを待ちました。

DSCN5930 (1024x768)
草ぼうぼうを最後に入れて仕上げました。

DSCN1468 (960x1280)


お手数ですがクリックお願いします。

にほんブログ村
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suminooekaki.blog.fc2.com/tb.php/517-ba14a15e