FC2ブログ

滝沢博嶺・玉鳳のホームページ

地域情報・水墨画・草花を、ご紹介していきます。

急ピッチで進む綿貫町東部開発!

Posted by 滝沢博嶺と滝沢玉鳳 on


綿  貫  町
は高崎市の東部と言われてきました。しかし今や市街地と
連続する衛星市街地だと思います。新国道354号線
の完成にともない交通の便は非常によく
なっています。
そして綿貫町手前の高崎市総合市場(大類町)
周辺の開発もいよいよ始まります。

DSCN6608 (1280x960)
今朝は寒く水道蛇口からこぼれた水が、
凍り見事な造形美を作りました。

綿貫観音山古墳から開発のすすむ綿貫町を望みます。
旧来は古墳の南寄りが綿貫町の中心地でした。
これからは北寄りが盛んになっていく
でしょう。

DSCN6637 (1280x960)
先ずは完成した日本ルナ㈱です。関西方面から進出
してきました。乳製品を生産する会社らしいです。

DSCN6629 (1280x960)
日本ルナ㈱の西隣に建設の会社はオリヒロ㈱
(本社緑町)の子会社です。

DSCN6632 (1280x960)

DSCN6631 (960x1280)

DSCN6599 (1280x960)
北に見える橋は例幣使街道(本元旧354号)
にかかる鎌倉橋です。

DSCN6600 (1280x960)

DSCN6602 (1280x960)
洪水用のために造られた溜池に、カモが日向ぼっこしています。

DSCN6605 (1280x960)

DSCN6611 (1280x960)
前方は昭和病院で、左建物は老人ホームです。

DSCN6612 (1280x960)
斎貫橋が見えます。左の工場は”武蔵野”
で主にコンビ大手のセブンイレブン
へ”おむすび”を納めています。
DSCN6607 (1280x960)

DSCN6614 (1280x960)

DSCN6615 (1280x960)

DSCN6616 (1280x960)
前方の建設中建物の土地はリンゴ畑でした。

DSCN6619 (1280x960)
この辺の土地は小さい建物を取り壊し
大きくして売り出したようです。

DSCN6620 (1280x960)

DSCN6621 (1280x960)

DSCN6622 (1280x960)

DSCN6623 (1280x960)
前方に見える井野川にかかる橋は新しくなった
下滝橋です。まだ名称がどうなるか
ハッキリしていません。
2月開通のようです。
DSCN6624 (1280x960)

DSCN6627 (1280x960)

DSCN6628 (1280x960)

DSCN6633 (1280x960)
綿貫観音山古墳の堀です。内堀、中堀、外堀と書いて
あります。その堀の広さがうかがえます。

DSCN6638 (1280x960)

DSCN6639 (1280x960)

DSCN6640 (1280x960)

DSCN6641 (1280x960)
旧下滝橋です。下滝町と綿貫町をつなぐ
重要な橋です。
2年近く遠回りして行かなくては
なりませんでした。

DSCN6642 (1280x960)

DSCN6643 (1280x960)

DSCN6644 (1280x960)

お手数ですがクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suminooekaki.blog.fc2.com/tb.php/528-e515ceda